フリマ、オークション、物販

メルカリのローカルルール○○様専用の対処方法

メルカリでは○○様専用というローカルルールがあります。

この専用ルールはメルカリの公認では無く、完全なローカルルールです。

ローカルルールではあるのですが、メルカリ内では広く当たり前に普及しているルールなので、メルカリで出品される方は知っておいた方が良いです。

この記事ではメルカリの専用の対応について解説致します。

メルカリの専用は値下げ機能の変わり

○○様専用とは、そのユーザー以外の方は買わないでね、という意味です。

なぜこのようなルールが出来たかというと、メルカリには値下げオファー機能が無いからです。
(ヤフオクにはオプションで値下げオファーがあります。)

メルカリも「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリはオファー機能が使えますが、その他多くのカテゴリでは現状はオファー機能は使用出来ません。

コメント欄で値下げの交渉

メルカリは基本、値下げのオファー機能は無いので、ユーザーは慣習的に商品のコメント欄で値下げのオファーをします。

これは実際に私が39800円で出品していた商品に対するコメントです。

今回は断りましたが、もしも33000円で承諾した場合、商品欄の値段を33000円に変更することになります。

値段を変更すると商品をブックマーク(お気に入り)している人には通知がいきますので、他の人が購入する可能性があります。

他の人が購入することはメルカリでは違反でも何でもないのですが、心情的には価格交渉をしてきた本人に購入してもらいたい、と思いますよね?

そこで、この専用というローカルルールが出来ました。

メルカリの専用の使い方

専用の使い方は非常に単純です。

上記の例ですと、商品編集画面にて価格を33000円に変えると同時に、商品名に相手のユーザー名を入れるだけです。

商品名が迷彩パーカー、相手のユーザー名がpoipoi55の場合、poipoi55様専用迷彩パーカーと変更します。

そして、念の為コメント欄に専用に致しましたと一言添えます。

専用に強制力は無し

商品のタイトルに専用と入れているだけなので、強制力は一切ありません。

他の人が購入することも可能です。

しかし専用にすると他の人が購入することはほとんど無くなります。

システム的には他の人も問題なく購入出来ますし、規約違反でもありませんが、専用にすると他のユーザーが購入することはほぼ無くなります。

専用となったユーザー(この場合poipoi55さん)も他の人に買われる可能性があることは分かっているので、価格変更後すぐに購入してくれることがほとんどです。

専用は実際は規約違反か?

メルカリ内で広く認知されている専用ルールですが、厳密にはメルカリの規約では違反となる可能性があります。

メルカリの規約に以下の項目があります。

5. 特定ユーザーへの販売を意図した出品
ユーザーは、他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図して商品を出品することができません。弊社は、その裁量により、出品の条件その他の状況から、ある商品の出品が他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図するものであるか否かを判断することができるものとします。

上記規約は簡単にいうと、特定ユーザーへの商品販売は禁止ということです。

専用ルールはこの規約に違反する可能性があります。

ただ、おそらくですが運営側もこの専用ルールについては暗黙の了解で認めている可能性が高いです。

私も今まで専用にして商品をいくつも売ってきましたが、一度も運営から警告を受けたことはありません。

全ての人向けに販売されている商品の値下げ交渉の末に一時的に専用となるだけなので、上記規約には違反していない、と解釈出来ないこともありません。

恐らく、出品の段階で特定のユーザー専用として販売することは規約違反になると思われます。

つまり、

出品していた商品にAさんから価格交渉のコメントが来る
その商品を編集してAさん専用にする⇒グレー
その商品をAさん専用で再出品する⇒アウト

ということになると思われます。

いずれにしても、専用は禁止と公式にメルカリからアナウンスはされていません。

専用は必要なローカルルールか?

私自身は専用というローカルルールは必要だと思っています。

値下げ交渉がコメント欄でしか出来ない現状、やむ負えない措置だと考えているからです。

コメント欄で行われた値下げ交渉は確かに正式な交渉では無いかもしれません。
しかし、値下げが双方の合意により成立したのならば、その交渉した人が商品を購入出来る、というのが筋だと思います。

全てのカテゴリにオファー機能をつけてくれれば、このような悩みも無くなりますから、ぜひお願いしたいですね。

メルカリで専用を使わずに済む方法

専用というローカルルールはメルカリ独自のものです。

規約的にも微妙だし、出来れば専用は使いたくないなぁ、と思っている人もいるかもしれません。

ここでは専用というローカルルールを使わない方法を紹介します。

値下げには一切応じない

最も王道な方法です。値下げには一切応じません!と出品者プロフィール欄や商品説明に入れておく方法です。

プロフィール欄は見ない人も多いので、商品説明欄に記載しておくのがベストではありますが、その場合ちょっと偏屈な人というか怖いイメージを持たれる可能性があるのが難点です。

お値下げは時期を見てこちらで設定させて頂きますので、個別の価格交渉にはお応えできません。のように少し柔らかい言い回しをした方が印象は良くなるでしょう。

ただ、柔らかい言い回しにしても値下げには応じない旨記載をしておくと購入率に影響が出る可能性はあります。

売れ筋商品なら全く問題ないのですが、高額商品の場合にはコメントでコミュニケーションを取って信頼出来る出品者なのか確認する意味合いもあります。

ですので、価格交渉NGとは記載しない方が良いのは間違いありません。

専用にはせずに価格交渉に応じる

最も問題が無いのはこちらの方法です。

コメントでの価格交渉には応じるけれども、専用にはしない、という方法です。

この場合、コメントで価格交渉された人としっかりとコミュニケーションを取ることが重要になります。

コメントの一例
ユーザー:5000円即決でお願い出来ますか?出品者:5000円で大丈夫です。規約の関係で専用にはしないので、購入希望の場合、再度コメントをお願い致します。
コメントを確認後、こちらからコメントをしてから金額を変更致します。ユーザー:購入します。よろしくお願い致します。出品者:ありがとうございます。これから価格を変更します。※価格を5000円に変更する出品者:価格変更致しました。よろしくお願い致します。

このような形で、出来るだけコメントをくれた人に購入してもらえるように配慮します。

大抵はこれだけやり取りをしていれば、横やりで他の人が購入することはありません。

お気に入りに入れている場合、大抵はコメントの受信通知も受けているので他ユーザーもこのやり取りを知っているから、です。

しかし、それでも100%では無いのである程度の割り切りは必要になります。

そもそも専用にしても他の人に購入される可能性はあります。
メルカリではオファー機能が無いカテゴリでの価格交渉に応じる場合、他の人に買われる可能性はある、と認識しておきましょう。

 

-フリマ、オークション、物販

© 2020 オライズブログ