ギャンブル

【パチンコ依存症脱却】パチンコをスッパリ辞めて豊かな人生を送る方法!

私は以前は重度のパチンコ依存症でした。
学生時代は講義そっちのけでパチンコホールに入り浸って、朝から閉店まで毎日のように打っていました。

私がなぜパチンコにハマってしまったのか、キッカケから借金漬けでどん底の人生にまで落ちてしまった時のお話をします。
そして、最終的にはキッパリ辞めるまでに至った私の経験、経緯をお話して、それを元にあなたにもパチンコを辞めて、より楽しく豊かな人生を送れる方法をお伝えします。
少し長い記事になってしまいましたが、パチンコを辞めたいと本気で思っているならば、ぜひ見て下さい。

賑わっていたパチンコ業界

パチンコ やめる

私がパチンコにドップリ嵌ってしまった頃はパチンコパチスロの全盛期でした。
当時、30兆円産業といわれていたパチンコ業界は規制もゆるく、イベントも打ち放題だったのです。

パチンコならば期待値が1日あたり3万円を越える台もゴロゴロ転がっていたし、スロットでも全台設定6も珍しくない時代です。
自由にイベントの告知が出来たので、水曜は海の日、今日は北斗DAY等、設定の入っている機種の示唆も自由に出来ていました。

そのため、いわゆるパチプロと呼ばれる人も多数いて、実際に今よりもリターンは大きかった時代です。

パチンコにハマったキッカケ

私がパチンコに嵌ったキッカケはサークルの先輩に勧められてパチンコ屋にふらっと行って、爆連してしまったことです。

確か大工の源さんだったと思います。
1000円だけ入れたら何も分からずいきなり大当たり。

パチンコ 連チャン

確変ゲットで爆連して確か一撃で10万円くらい勝ったと思います。
当時、学生だった私は一気にパチンコに夢中になりました。
この頃はバイトをしていて、平日は大学終わりに6時間働いて、土日祝日は丸1日働いて給料が10万円くらいでした。

当時の私からしたら衝撃でした。
パチンコであっさりバイト1ヶ月分を稼ぎ出してしまったのです。

通勤時間も含めたら120時間~130時間くらいはバイトに費やしていましたが、それで稼いでいた金額を、パチンコではわずか数時間で稼いでしまったのです。

すぐにパチンコにのめり込む

パチンコ 並ぶ

学生だったので時間の融通も効きます。
パチンコで稼げば、バイトを辞めることが出来るんじゃないか。

そう思った自分は、パチンコ屋に頻繁に行くようになりました。

パチンコで勝つには良く回る台を打て、とサークルの先輩が教えてくれたので、色々と情報収集して出来るだけ優良店と呼ばれるような回る店を探しました。

よく回る台が見つかればボーダー+5回転~10回転の台も見つかる時代だったので、勝つことも結構あって、そこまで大きなマイナスにはなりませんでした。

この頃は何とかプラマイゼロくらいで遊べていました。
それから社会人になり、MAX機が全盛となりましたが、この頃から少しずつ負けることが増えるようになりました。

パチンコで負けるようになった要因

それから、だんだんと負けるようになります。
その大きな要因となったのがパーソナルです。

パーソナルの出現

パチンコ パーソナル

スロットは今でも箱積みの店が多いですが、パチンコはパーソナルの店が多くなりました。
パーソナルというのはドル箱の代わりに自動で玉を計測してくれる機械のこと、です。

出玉の表示は完全デジタルになっています。
このパーソナルの出現、そして浸透はパチンコ業界に大きな影響を与えたと思います。

まず、ドル箱の積み下ろしが無くなったのでスタッフを大幅に削減出来るようになりました。つまり、人件費の削減です。

では、その分、客に還元するようになったのか、というと残念ながらそうではありません。
むしろ、回る台を打てる機会が格段に減りました。

ドル箱を積んでいた時代は所謂見せ台というものがありました。
たくさん箱を積ませて、この店は出ていると客に思ってもらうための台です。

パチンコ 見せ台

見せ台は基本的には回るようにしてあります。
客が玉を精算して帰ってしまっては意味が無いので、丸1日打ってもらうためにボーダーをはるかに越える良台になっているものが多かったのです。

ドル箱を積んでそのまま遊戯しているということは良台なのかな、釘が良いのかなと他の客も判断してそのシマの台を打つという訳です。

私は今までこの見せ台を積極的に狙って回る台にありついていました。

見せ台が消えた

パーソナルの出現によって見せ台という概念は無くなりました。
ホールでドル箱を積むということは無くなり、人はデータカウンタだけを見るようになったからです。

パチンコ データを見る

こうなると、ホールとしては1台だけ回る台を作るメリットがあまり無くなってしまいました。
台の上部には大当たり回数や出玉表示がされますが、ドル箱を積むことに比べるとインパクトに欠けます。

極端に回る台を作るよりも全台ある程度同じ調整にする、という傾向になっていきました。

イベントの禁止

最もパチンコ業界を厳しいものにしたのが、このイベントの禁止だと思います。

水曜日は海の日、金曜は牙狼の日等、自由にイベント告知が出来ていたものが全面禁止になりました。

パチンコ イベント禁止

イベントや設定の示唆等、射幸心を煽るものは一切禁止。
(当時は来店イベントはOKだったものの、経費がかかりますので頻繁には出来ません。また、機種の示唆は禁止です。)

これにより、店としては営業にメリハリをつけることが困難となり、旧イベントに頼る形になりました。
旧イベントとはイベント告知OKだった頃に定着している店の鉄板イベントです。

マルハンなら7の日、特に7月7日、123ならば1日~3日、特に1月23日といった具合です。

このようなパチンカー全員が知っている鉄板イベントがある店自体が少ないため、パチンコの優良店、鉄板イベントはどんどん減っていきました。

回る台を見つけることが困難になる

パーソナルの出現、イベントの禁止。この頃から回る台を見つけることが困難になってきました。

以前なら25~30くらい回る台もあったのに、20回れば上等という状態になっていました。

この時点で辞められれば良かったのですが、回る台が無いならば無いなりにその微妙な台の中で良台を選ぶようになっていきました。

この頃から少しずつ負ける額が増えていきました。
パチンコは短期的には上振れ下振れがあるものの、最終的には確率は収束していきます。

ボーダーに行くか行かない程度の微妙な台を打ち続けていれば、少しずつ負けが増えていくのは当たり前だったのです。

追い打ちをかけたMAX機の廃止

パチンコMAX機

ここに最後の追い打ちをかけたのが約400分の1のパチンコMAX機が法で規制されたこと、です。
基本的にはパチンカーは1k20回転を超えれば何とかやれるかなという意識を持っている人が多いと思います。

特に400分の1がMAX機の頃は等価ボーダーが16~17回転くらいだったので、仮に非等価だとしても20回以上回ればやれるという感触を持っていました。
これが法規制により約320分の1がMAX機になり、出玉の規制も強化されたことで状況が大きく変わります。

等価ボーダーが19~23くらいになり、20回転を超えてもボーダーに届かないケースが多くなってきたから、です。(新北斗無双は除く。)
出玉も規制されて客離れが深刻化しました。パチンコをたまに楽しむライトユーザーが軒並み離れていったのです。

30兆円産業といわれたパチンコも20兆円を切る程になります。
これによってパチンコホールも苦境に立たされているのか、回る良台を見つけることが極端に難しくなってきました。

回らない台を打つ日々

パチンコ やめたい

回る台を見つけることが難しくなったのだから、そのままパチンコをやめることが出来れば良かったのですが残念ながらそうはいきませんでした。
ボーダーに届いていないのになぜか打ってしまうのです。

このアニメが好きだったから打ってみよう、ゲーム性が面白いから回らないけど1回確変に入るまではやろう。

このように色々な言い訳をして、回らない台を打つ日々になりました。
この頃からパチンコを辞めたいと思うようになります。なぜなら、負ける日の方が圧倒的に多くなってきたからです。

MAX機全盛の頃ならば1回で20万円以上勝てることも多数ありました。回る台もまだまだあったので、収支はザックリとしか付けていなかったですが、年間で大きくマイナス収支になることはありませんでした。

しかし、MAX機撤廃後(正確にはMAX機の新台が出なくなってから)は、3回負けて1回勝つくらいの割合になり、1回の勝ちもショボ勝ちしか出来なくなりました。
1ヶ月に20万、30万負けることもよくありました。

ついに借金!キャッシングに手を出す

ある日、たまたまボーダーを大きく上回る台に座ることができました。
花の慶次漆黒です。3.57円換金で1k27回以上回りました。

パチンコ

これは丸一日打つぞ!と意気込んだのですが、全然当たりません。
3万円持っていたのですが一度も当たらずに金が底をつきました。

仕方なく、ついにクレジットカードのキャッシングに手を出しました。
後3万円下ろせば余裕だろうと3万だけおろしました。

キャッシング

しかし、1000以上ハマって単発大当たりの後にまたハマってその3万も無くなりました。
追加で5万円おろしてその日は何とか乗り切りました。結局大当たりは単発3回のみで有良台で8万負けました。

そして、無調整を期待してダメ元で次の日も同じ台に座ってみると。
何と、大ハマリしていたからか調整されておらず、そのまま1k27回以上回りました。

今日は勝てる!!と意気込み丸1日打つのですが、信じられないことにその日も単発多数、最高2連で5万負けました。

ホールは遠隔しているという訳分からん思考に

以前は優良台で大負けしてもあまり気になりませんでした。
それは優良台に座れる確率がそれなりに多く、勝ったことも多数あったからです。

しかし、昨今の厳しい状況で優良台に座れることが少なくなった時に漆黒良台での2連敗敗。
これはホール、やっとんな!的なことを思うようになりました。

パチンコ 遠隔

どうせ遠隔なら良台に座っても意味が無い。ボーダー気にせず打とう!
というマジで訳の分からない思考になりました。

今まではそこそこボーダーを気にして打っていたのに、完全に気にしなくなりました。

そこから負けまくって借金地獄へ

ボーダーを気にしないようになり負けの額がどんどん増えていきました。
ある意味吹っ切れていて、ルーザーズハイみたいになっていました。

1000ハマリ以上して大負けしていると今日はどれだけ負けるんだろうか、このまま全ツッパしてやろう!みたいな負けてるのに何かハイみたいな感じになることが私はあります。

それが連日続いているような感じですね。
先月は10万負けて、今月も20万負けた。来月はどんだけ負けるかなー。みたいな感じです。

どんどん負けが増えていきました。

借金

この頃はショッピングとキャッシング含めて200万円くらいの借金に膨れ上がっていました。
松のやのトンカツは贅沢だ、ユニクロは高級品と思うくらい衣食住に金は使わなかったので、全てパチンコの借金です。

パチプロになれば解決?

どうせパチンコ依存症なのだからパチンコで稼げるようになればいいじゃないか。
そう思ったことが一度や二度ではありません。

正直、収支がプラマイゼロの頃には自分はセミプロだと思っていたくらいです。
これだけ負けている人が多い中で負けていない自分はなかなかやる方だ、と思っていたのでしょう。

いずれにしても、パチンコで常に勝てるようなメンタル、技術をわたしは持っていませんでした。

今まで一度でもパチンコで借金をした事がある人、年間のトータル収支で負けている人は絶対にパチンコの才能はないのでパチンコで稼ごうとするのは諦めた方が懸命です。

プロはなぜ依存症にならないのか?

パチプロやセミプロは自分の自由な時間の大半をパチンコに費やしていますが、パチンコ依存症ではありません。
これは一般人とパチプロではパチンコをしている時の脳の活動が違うためと考えられます。

一言で簡単に言うとパチプロは大当たりをしてもエンドルフィンのような脳内麻薬がそこまで多く分泌されないのだと考えられます。

パチプロの友人の例

私の友人にパチプロがいました。
スロットもやりますが、メインはパチンコのパチプロでした。

一時期、彼と一緒に行動を共にしていたことがあります。
すると、私とはパチンコに対する姿勢が全く違うことが分かりました。

思考が全く違うプロ

私の場合はハマりが確率分母を大幅に超えた時や確変が単発で終わった時等にイライラするのですが、彼は違いました。

台の見立てが間違った時、保留4つを超えてオーバー入賞してしまった時、そして大当たり時の捻り打ちが上手くいかない時にイライラするそうです。

この台はボーダー+2は回ると思ったのにボーダー以下だった。
こんな台選びをしていては余計な出費が増えてしまう。
1個の入賞には50円くらいの価値があるのだからオーバー入賞はもったいない。
捻り打ちは機種によるがしっかりやれば1回の当たりで玉が大幅に増えるのだから失敗が続くとその分だけ損をしている。

私は自分ではコントロール出来ない事象である大当たりや連チャンしないことに対してイライラしているのに対して、彼は自分でコントロール出来る技術部分、つまり自己に対してイライラしていた訳です。

これは大きな差です。

ハマりが1000になろうが1500になろうがあまり心情には関係ないそうです。
もちろん少しは嫌な気持ちになるそうですが、確率は収束するからこういうこともあると思うだけ、とのこと。

当たるか当たらないかはただの運だから当たるまでいかに玉を減らさないか、当たったらいかに玉を増やすかに集中するべきと言っていました。

イベントだろうがサクッと帰る

パチンコ 帰宅

どんなに期待されているイベントだろうと釘が自分の期待値を下回った場合には彼はサクッと帰ってしまいます。

その時は私と一緒に朝の7時からパチンコ店に並んでいたのですが、開店前から大行列でした。
開店すると台の稼働率もほぼ100%のお祭り状態。

しかし、思った程は釘が良くありませんでした。
すると、彼は1万円も打たないうちに今日は良い台が無いから帰るわー!と言って帰ってしまいました。

私はせっかく朝7時から並んでいるし、席は満席で空き待ちも多数いる状況だったので少し釘が悪かったとしても台を明け渡したくない気持ちが強かったです。
そのため、夕方くらいまで打ってしまいました。

これだけのイベントなのだから、釘が悪くても当たるんじゃね?みたいな期待を勝手にしてしまい、とにかく台を他の人に取られたくないという気持ちが働いてしまったのです。
結果、ボロ負けしてお金が無くなったので退散するハメになりました。

朝7時から並んでいた
台は満席で空き待ちの人もいて盛り上がっている
これにより台を惜しむ気持ちが出てしまった訳です。

逆にプロの友人は期待値だけを追い求めているので、何時間待っていようとも台が満席だろうと自分が求めている台が無いならば絶対に打たないのです。

依存症の人間にプロは無理

結論から言うと、依存症の人間や凡人にはパチプロは無理です。
パチプロがパチンコ依存症にならないのは、全て1円でも多く稼ぐために行動しているから、です。
この演出は熱いとか、この機種はゲーム性が面白いとか全く関係無しです。良い台かそうでないか、それだけです。

目を酷使する程に釘をチェックして、捻り打ち練習のために家に実機を置いているのです。

これは依存症になっている人間には難しいことでしょう。というか無理です。
私達は何となく楽してお金を稼ぎたいからパチンコを打っているだけでした。

パチンコは人間を猿化させる

パチンコは本当に恐ろしいギャンブルです。
我々文明人である人間もいとも簡単に猿にしてしまうからです。

猿の有名なある実験

猿

猿の前に餌の出るボタンを用意します。

始めはボタンを押すと餌が出ます。
猿はボタンを押すと餌が出ると学習して、お腹が減ったらボタンを押して餌を食べるようになります。

ある時から、ボタンを押しても餌が出ないようにします。
ボタンを押しても餌が出ない状況がずっと続くと、やがて猿はボタンを押すことに興味を無くしてしまいます。
しかし、ボタンを押してごくたまに餌が出るようにしてやると、猿は餌が出ると学習して狂ったようにボタンを連打するようになります。

これってパチンコと原理は一緒ですよね?
たまに当たる大当たりを夢見て、猿のようにパチンコを打っているのが我々です。

新基準機P機の恐ろしさ

パチンコ

新基準機となったP機は、依存症をさらに増やす恐れがあります。

私の感覚ですが、大勝している時は正直、興奮やドキドキは少なくなっています。
例えば20連チャン等の大連チャンになると、1回の大当たりに興奮を感じなくなってくるのです。

はいはい、また当たりね。あざまーす!くらいの軽い気持ちになります。

STの終わりギリギリに赤保留という神展開でも大してドキドキはしなくなります。
この台の挙動ならどうせ当たるんでしょ。はい、あざまーす!

こんな感じです。

すでに数万発の出玉を確保して、勝ちが確定しているからでしょうか。それとも大当たりに慣れてしまったからでしょうか。
どちらかは分かりませんが、とにかく私の場合は興奮しなくなります。

面白いことに逆に10万円くらい負けている時も興奮はしません。
大負けしているからなのか、この状態で多少大当たりしようが、なぜかあまり興奮はしません。
すでにテンションはだだ下がりで、むしろ大負けのネタにするために打ってるという気持ちにすらなります。

興奮するのは収支がプラスになる瀬戸際

私が最も興奮するのが収支がプラスになる瞬間です。
いわゆる、まくりの時ですね。

2万円突っ込んでいたら、5000発を越えるまでの間、その5000を超えて1万発に到達するくらいまでの間が私は最も興奮します。

この間は確変中は緑保留でもドキドキするレベルです。
ST終わり間際で赤保留が入ったら、心臓が爆発するくらいドキドキして興奮します。

P機は収支がプラスになりやすい

パチンコの現行機、P機は出玉は1500発以下に制限されていますが、高継続率を誇っています。

確変に入れば、単発の可能性は低くて、出玉を獲得出来る確率がかなり高くなっています。
しかし、その分、出玉は少ないので大勝はしにくくなっています。

P機ならば一度の確変で10000発~15000発も取れれば御の字でしょう。
400時代のMAX機や北斗無双を代表とするCR機に比べるとショボ勝ち、ショボ負けが増えるはずです。

本来ならばショボ勝ち、ショボ負けならば興奮しないはずなのに、収支がプラスになる瀬戸際が最も興奮するので(少なくとも私は)、P機はかなり興奮しやすい機種ということになります。
パチンコ依存症の場合には非常に危険な機種です。

頭が完全にパチンコに洗脳される

パチンコがなぜ辞められないのかというとそれはある種の病気だから、です。
パチンコ依存症は立派な病気です。

こんな経験ありませんか?

・TVのテロップで赤や金が出るとドキッとする
・静かな場所にいる時でもパチンコ屋の喧騒や台の大当たり中の歌が何となく聞こえてくる
・スマホのバイブでおっ!と思ってしまう
・虎柄やゼブラ柄の服やバッグを見ると反応してしまう
・チープな電子音にやたら反応する
・夜中は何とも無いのにパチンコの開店時間が近づいてくるとソワソワしてくる

こんな嘘をついたり、状況になっていませんか?

・家族や友人に嘘をついてパチンコを打ちに行ってしまう
・連チャン中で切り上げられなくなったため、嘘をついて大事な用事をキャンセルしてしまう
・1000円のランチでも高くてもったいないと思っているのに、パチンコでは5万円くらいまでは取り返せるからノーダメージだと思い込んでいる
・パチンコを打つためにキャッシングを繰り返している
・キャッシングで借りた総額はよく分からないが、月の返済は家賃以下なので何とかなると思っている

ちなみに自分の体験を元に書いているので当然昔の私は全部当てはまっています。
私はパチンコにハマってしまった後は、いつも小さなことでイライラして、心も貧しくなり、人に嘘を平気で吐き、顔はいつも辛気臭くて険しくなりました。

楽しいと思う時間はパチンコ屋に行く道中とたまにある大勝した時だけ。

大抵は

いつもの通り、また今日も負けだな。
隣のオバちゃんはお座り一発で連チャンしてて、こっちの台をあからさまに覗いてくるしイラつくな。
900ハマりしてるからどうせならもう1万円入れて1000ハマりまで行ってやろう。
どうせこの当たりも単発だろう。
今日は金保留が来ても当たらないからどうせこれも外れだろ。
隣のじじい、タバコの煙と灰をこっちに撒き散らすなよ。

このようにパチンコ屋で過ごす時間の95%くらいはネガティブな時間となっていました。
10万円以上負けた時はこれでもうパチンコを辞めようと思うのですが、また少し時間が経てば、パチンコに行ってしまいます。

夜は大丈夫なのに、パチンコ屋の開店が近づくにつれて、少しずつソワソワして気づいたらパチンコ台に座っています。
パチンコをやめたい、やめようといくら思っても体が言うことを聞かない状態になってしまいました。

脳がギャンブルに支配されている

冷静に考えてみれば、パチンコ自体を楽しいと思って打っている人はほとんどいないと思います。
大当たりをしても玉やメダルが増えるだけという単純なゲームであり、そこには駆け引きであったり自分を向上させるような体験、スキルというものは一切ありません。

つまり、お金が増える、大当たり1回で1万円増える(規制後は6000円)というご褒美が楽しいという感情、快感につながっているのです。

脳汁が出る(ドーパミンが出る)

ドーパミン

パチンコやパチスロ好きはフリーズをひいた時、STを抜ける直前に鉄板演出が出た時等、脳汁が出るという表現をすることがあります。

これは文字通りで、実際にこの時には脳からドーパミンという快楽物質が出ています。
このドーパミンという物質は麻薬と同じくらいの快楽物質でありとても強力なホルモンです。

パチンコを辞めたいのに辞められない人はパチンコをすることでのみドーパミンが出るという脳回路になってしまっています。

前頭前野のセロトニンの働き低下

ドーパミンが出ている状態は幸福を感じてやる気も出るはずなのですが、パチンカーは基本的に無気力です。私は完全に無気力型のパチンカーでした。

このやる気のない状態はセロトニンの働きが低下しているから、です。
セロトニンは脳の中でも前頭葉(大半は前頭前野)という部位から分泌しています。

セトロニンはドーパミンやノルアドレナリン等の神経伝達物質の情報をコントロールして精神を安定させる働きがあります。

パチンコ依存症になっているとこのセロトニンの働きが低下している上に、激アツや大当たりでドーパミンが一気に放出され、これを脳が快感と感じるようになってしまっています。

パチンコメーカーは洗脳のプロ

パチンコ 洗脳

今のパチンコ台は面白くないと酷評されることが多いですが、それでも毎日のようにパチンコ、パチスロに通っている依存症の人はたくさんいます。
パチンコメーカーはいかにユーザーをパチンコ漬けにするかということを日々研究しています。

射幸心を抑えるための規制による制限がありながらも、何とかユーザーに少しでもお金を落としていってもらうことだけを考えています。
パチンコは洗脳のプロが真剣に考えて作り込んである遊戯という名の悪魔です。
パチンコ依存症は病気ですので、生半可な意思や意識だけで辞めることは非常に困難です。

パチンコを辞めるキッカケ

借金もありパチンコを辞めたいという気持ちが強いのに辞めれれない日々。

そんな中、私がパチンコをやめようと思ったキッカケは自分への嫌悪感から、です。
ある時にいつものようにパチンコを打っていました。

その日はバンドの大事なライブがあり14時までしか打てない日でした。
(自分はバンドマンでパチンカスだった訳ですが、イメージ悪すぎですね。)

バンド

そろそろ帰ろうかなという時に大当たり。運が悪いことに連チャンしてしまいました。

14時はとうに過ぎ、15時を超えても連チャン中です。
バンドメンバーには、急な仕事でリハには出れない、多分本番には間に合うと思うと電話しました。

電話する

メンバーは「仕事なら仕方ないよ、頑張ってな」と声をかけてくれたのです。
嘘を付いた後ろめたさと、久々に連チャンしていて嬉しい気持ちと色々複雑な気持ちで連チャンを消化していました。

この時はさすがに脳汁は出ませんでした。むしろ、早く終われ終われ!という気持ちなのですが、なぜか当たってしまう。
途中で台を捨てることも出来るはずなのにそれもなぜか出来ない、したくないという状態でした。
(近くにパチンコやる友人でもいれば譲っていたかもしれませんが。)

結局17時前くらいに連チャンが終わり、急いで換金、帰宅してから準備をしてライブハウスに向かいました。
17時までに引き上げれば間に合う算段だったのですが、運悪く予期しない渋滞にはまってしまい・・・

渋滞

結果、ライブにも間に合いませんでした。
みんなは仕方ないよ。と言ってくれましたが、この時の自己嫌悪はひどかったです。

この時に、これはもしかして依存症なのでは?と思うようになりました。
その時から絶対に何とかパチンコを辞めたいと決意しました。

最強のパチンコを辞める方法は海外移住

パチンコがしたい衝動にかられるのはパチンコがやっていることを脳で理解しているから、です。
例えば、夜の12時にパチンコ行きたい!とはならない訳です。お店がやっていないことを分かっているから、です。

また、新型コロナでほとんどのパチンコ屋が休業している時もパチンコ衝動は少なくなります。
このように、強制的にパチンコが出来ないことが分かっているとパチンコ衝動は起こりません。

ですので、海外に移住すれば強制的にパチンコから離れることが出来ます。

パチンコやめるために海外移住
強制力としては非常に強いものになります。
私も以前に海外にいたことがありまして、海外にいた数年間はパチンコを完全にやめることが出来ました。

往復するのに余裕で10万円以上かかりますから、パチンコのために日本に帰ろうと思ったことは一度もありません。
海外にはカジノがありますが、気軽にいけるようなところではないのでカジノに入り浸るようなこともなく、ギャンブルとは無縁な生活を送ることが出来ました。
(パチンコ屋に行く夢は良く見ました。)

ですので、海外に移住すれば、まず間違いなくパチンコを辞めることが出来るようになるでしょう。
しかし、海外に移住するという決断はあまりにも大きいものであり、パチンコを辞めるためという理由で出来ることではありません。

しかも、一時的に日本を離れるだけでは無意味です。
私も数年間、海外にいることで強制的にパチ絶ちを出来た訳ですが、日本に帰ってきたらまたパチンコにハマってしまいました。

海外に永住すればパチンコは完全に簡単に辞められますが、現実的ではない方法です。
ですので、次から日本にいながらにしてパチンコを辞めることが出来るより現実的な方法を紹介します。

パチンコをやめるには感情を書き出す

パチンコをやめたいと思っているのにやめられないというのはパチンコに依存している異常な状況な訳です。
私がまず始めたのがノートに書き出すという作業です。

なぜ自分はパチンコを辞めたいのか?パチンコを辞めたいのにパチンコに行ってしまうのはなぜなのか、そしてパチンコを辞めたらどうなるか、ということを自分が思いつくままにノートに書き出しました。

必ず直筆で書くこと

自分の書く文字には強い意思、個性が備わっています。今はスマホやPCで簡単に文字を打つことが出来ますが、このデジタル文字よりも自分で書いた文字の方がはるかに感情が伴いますので必ず自分がペンを取って文章を書くようにして下さい。

パチンコやめるには直筆

字が下手だから書くのは嫌だなぁという人もいると思います。正直、私もそうです。
しかし、それも含めて今のあなたの個性です。自分の書いた文字で、文章で自分の感情を吐き出すことは自己を見直す一助になります。

とにかく、思いつくままに何でも書くことです。内容がほとんど被ってしまっていても構いません。とにかくたくさん書き殴ることがポイントです。

私が紙に書き出した一例

なぜ、パチンコをやめたいのか

時間を浪費してしまっている。この時間を他のことに使えばどれだけ有益だろうか。
液晶をただ眺めて一喜一憂している自分にウンザリする
お金を数百万円単位で無駄にしてしまった。このお金で他のことをたくさん出来た。
借金が200万円あって利息だけで2万円以上かかっている。早く完済したい。
パチンコをしている人は皆、顔が死んでいる。自分もこんな顔をしているのだと思うと嫌気がさす。
パチンコにハマってから、人間性が低下した。小さなことでイライラしてしまい、パチンコ以外の金にも細かくなった
パチンコで安定して勝つことは難しくなったから
仲間や家族に嘘をつくことに嫌気がさした
パチンコ屋に出入りするのが恥ずかしい
パチンコをする人間だと周りに思われたくない
パチンコをしていて将来につながるプラスなことが一つもない

なぜ辞めたいのにパチンコに行ってしまうのか?

むしゃくしゃしているときにパチンコ台に座ると心が落ち着く
今日は何となく大勝ちできそう
連チャンしている時、大勝ちしている時は周りに優越感を感じることが出来る
外れたと思った後の復活大当たりやST抜ける直前に当たった時の快感をもう一度味わいたい
フリーズを引いて大勝したい
仕事で嫌なことがあったから気晴らしにパチンコをやりたい
今月は金銭的に厳しいからワンチャン小遣いを増やしたい
今日は7日だから勝てそう
家の近くにそこそこ優良ホールがあるから何となく見に行ってしまう
台のハンドルまで届くあの熱いボタン振動を感じたい
エアバイブ、Pフラ、セブフラ、コンチ音が聴きたい
自分が爆連していて隣のじいちゃんばあちゃんが首をかしげてイライラしながら席を空けるのが快感
下皿のメダルを箱詰めしてる時の幸福感を味わいたい

パチンコを辞めたらどうなる?

無駄な出費が減って、借金を返済出来る
お金に余裕が出来て好きなものを買うことが出来る
家族や友人に嘘をつく必要が無くなる
家族や友達と一緒においしいものを食べに行ける
休日も時間が有効に使えるので趣味であるバンドの時間も増やせる
時間に余裕が出るのでブログを書いたり、自分のスキルアップの勉強ができる
運動する時間を取れる
自分を見直すことが出来る、自信が持てる

自分の感情を紙に書き出して、なぜパチンコがやめられないのか、なぜやめたいのか、辞めたらどうなるかを出来るだけ詳しく把握するようにしました。
これによって自分が今どういう状況なのか、を冷静に見つめ直すことが出来ます。

私が今回の書き出しで分かったことは、自分には人生の大きな目標が無くてパチンコでうさ晴らしをしている、ということでした。
何か大きな目標を立てようとしても急に心の底からやりたいことは思い浮かばなかったので、とりあえず目標を探しつつパチンコを辞める方法を模索しました。

声に出して読む

紙に書き出して自分の状況を把握してもパチンコはしたくなります。
なぜなら、依存症だから、です。

パチンコをしたくてウズウズしてきたら、この紙を声に出して読むようにします。
声に出すことでより自分の状況を把握出来るようになりパチンコ抑止になります。

収支と回転数、ボーダー、時間をメモする

紙に書いて自分を見つめ直すことは重要ですが、それだけではどうせパチンコに行きます。
20万負けてもうやめると誓おうが、バンドのライブをすっぽかして自己嫌悪になろうがパチンコには行ってしまいます。

どうせ行ってしまうならばと、キッチリとメモを取るようにしました。
収支くらいは付けている人もいると思いますが、それだけでは足りません。

その日の収支、回転数とその機種のボーダー、パチンコにかかった時間もメモして下さい。
大当たりの回数は別に必要ありません。

台を頻繁に移動するとかなり面倒になりますが、全てメモします。
これすら出来ないとなると本当に依存症から抜け出せなくなるので頑張りましょう。

P機のボーダーに驚愕

ボーダーを記録する注意点として必ず出玉5%減のボーダーを参考にして下さい。
パチンコサイトのボーダーは大抵、

出玉表記のもの
5%減表記のもの、
この中間のもの(出玉2.5%減)
出玉表記と5%表記の両方を表示しているもの

概ねこの4パターンがあります。
必ず出玉5%減のボーダーを参考にしましょう。
なぜかというと、大抵のパチンコ屋がヘソを開けぎみにして大当たりの出玉を削る調整をしてバランスを取っているためです。
(ヘソの回転数は気にするけど、出玉は気にしない客が多いため。)

パチンコ ボーダー

すると、今の機種だと等価でもボーダーが20超えてくるものも多く、3.57円で22回~23回転がボーダーのものが多いです。
何となく今も20回も回れば良台だと思っていましたが、これは完全に勘違いということです。
(1回交換の店は非常に少なくなっているので、無制限のボーダーが目安になります。)

このメモによって自分がいかにボーダーを下回る台を打っていたのか、どれだけ時間を無駄にしていたのかが客観的に分かるようになります。
主観的な気持ちを紙に書き出してパチンコに行きたい気持ちを抑制して、行ってしまった場合には客観的なデータによって自分のパチンコがいかに勝てないかを実感する、ということです。
私にはこれがかなり効果ありました。

パチンコ衝動を抑えるには

パチンコを辞めるにはパチンコに行きたい!という衝動、欲求を抑えないといけません。
主観的な気持ちを紙の書き出す、行ってしまった場合はデータ化して客観視。

私の場合、この2つでかなりパチンコ欲が減りましたがそれでも急にパチンコに行きたい衝動にかられることがあります。
この衝動にかられてしまうともうアウトです。
体がソワソワしてきて、気付くとパチンコ台に座っています。

このパチンコ衝動を抑えないとなかなかパチンコを辞めることは出来ません。

パチンコ屋の前を通らない、中を覗かない

パチンコ屋の前

パチンコ衝動を抑えるためには、パチンコ屋の前を通らないことは重要です。
パチンコ屋の前には新台の案内等の誘惑があるため、ふらっと立ち寄るたくなるから、です。

立ち寄らないまでもパチンコ屋の前を通ったことがキッカケでパチンコをしたい衝動にかられてしまう可能性があります。

これはパチンコ屋の前を通ることでパチンコを連想してしまうからです。
普段の通勤や通学ではパチンコ屋がない道を選ぶようにしましょう。

もしもパチンコ屋の前を通ってしまっても決して駐車場や中を見ないようにして下さい。

パチンコの駐車場
お、今日は客が多いから設定がいいのかな等と連想する可能性があるから、です。

YOUTUBEのパチンコ動画は見ない

このパチンコ衝動をかき立てる行為の1つにYOUTUBEがあります。

私は一時期パチンコをやめられても、YOUTUBEの動画を観ることはやめませんでした。
暇つぶしに最適だったから、です。
そしてこれがキッカケとなりパチンコをしたい衝動が沸き起こり、またホールへと通うようになってしまいました。

パチンコYOUTUBE

YOUTUBEでパチンコ動画を見るのは絶対に止めましょう。
自分はもうパチンコをキッパリやめていて、動画を見るだけで満足している、という場合も要注意です。

何かの拍子にパチンコ屋に行く可能性があるから、です。
パチンコを一度もやったことがない人は絶対にパチンコ動画なんて観ません。
何が面白いか分からないから、です。

パチンコ動画を見ていると擬似的に自分が打った気持ちになれるため、お金をかけずに間接的にパチンコをしているようなものです。
負けているパチンコ動画ばかり見てもう打たないようにしようと思ってるから大丈夫!と言い聞かせても、それを見ているだけでパチンコへの欲は少しずつ大きくなります。
ですので、どんな状況だろうと完全に観ないほうがいいのです。

再生履歴の削除、登録チャンネルの解除をする

パチンコの再生履歴が残っているとホーム画面のおすすめにパチンコ動画が出てきやすくなります。

おすすめに出てくるだけで新しい情報が入ってきてしまいます。
あ、北斗の新台出たんだな、などの情報は毒にしかなりません。

ですので、まずは再生履歴を全て消去しましょう。

そして、パチンコ系のチャンネル登録も全て解除しておきます。
これもふとした時に画面にパチンコ系の動画が出ないようにするためです。

ここまでしてもパチンコ動画を見ていた時間が長いとしばらくはパチンコ動画がお勧め動画に出てきてしまいます。(今までの視聴時間はYOUTUBEには全てバレているので。)

私も画像をキャプチャするためにYOUTUBEの内でパチンコ 動画と検索をしただけで、しばらくの間パチンコ関係の動画がおすすめに出てきました。
動画を観に行ってすらいないのですが・・・

パチンコ系の動画が出てこないようにするためには、アカウントごと新しくするのが一番良いです。それが無理ならば、お笑いの動画や音楽動画等をエンドレスで流しておきましょう。

別に観てなくても流しておくだけでいいです。
(この場合は広告が入らないようにアドブロック等のプラグインを入れておくことをお勧め致します。)

こうすると自分のアカウントの視聴時間がパチンコ以外の動画に偏っていきますので、パチンコ動画がお勧めや関連動画に出てこないようになります。
しばらくの間、動画を再生しておいて、パチンコ系の動画は一切視聴しなければいずれ全くおすすめには出なくなります。

現金を持たないようにする

パチンコやめるには現金持たないこと

パチンコを辞める手段としてお金を財布に入れない、という方法も有効です。
今はPAYPAYやクレジットカードだけで買い物も飲食も可能なので、クレジットカードのキャッシングを0円にしておいて財布にはお金もキャッシュカードも入れないという方法です。

私の場合には仕事柄、現金が手元に必要だったため、この方法は使えませんでしたが出来る人は取り入れた方がよりパチンコを辞めやすいでしょう。
ただ、タクシーがクレジットカードに対応していない、急な葬式での出費など、どうしても現金が必要な時には少し困ってしまう方法ですので注意です。
また、この方法はキャッシュカードや現金を管理してくれる人が必要になります。

断酒する

断酒で禁パチ

私の場合、お酒を飲むとパチンコへの衝動がわき起こります。
大抵夜に飲むのでその日のうちに絶対にパチンコ屋に行ってしまう訳ではないのですが、ついついパチンコ動画を観てしまうのです。

そして、そのパチンコ動画を見てパチンコ屋に行きたい衝動にかられて、次の日に高確率でパチンコ屋に行ってしまうのです。
パチンコ屋に行ってしまった後、勝った時は祝杯と称して酒を飲み、負けた時は自分を慰めるために酒を飲んでいました。

これによって、お酒とパチンコが自分の中でリンクしており酒を飲むとパチンコがしたくなるという状態でした。
ですので、私は思い切って断酒することにしました。酒を断つことでパチンコへの衝動を断つためです。

これも大きな効果があり、パチンコを辞める手助けになりました。

セロトニンを増やす

パチンコ依存症になっていると、パチンコへ行きた衝動を抑えるために重要なセロトニンが低下している状態です。
ですので、このセロトニンを増やすことが出来ればパチンコへの衝動も減らせるのではと考えました。

運動をする

運動する

セロトニンは運動をすると増えるということを知り運動を取り入れました。

特にリズミカルな運動が良いということなので、ジョギングをするようにしました。
概ね5キロくらいの距離を週に3回~4回程度です。

運動をするようになって気分も前向きになり、これはかなりの効果を感じました。

サプリメントを取る

セロトニンを増やすと言われている必須アミノ酸のトリプトファンというサプリメントを摂取するようにしました。

これにプラスしてEAAという必須アミノ酸が全て含まれているサプリメントを摂取。
運動との相乗効果でこのサプリメントもかなり効果があったように思います。今でも欠かさず飲んでいます

パチンコ衝動が起こった時の対処法

パチンコに行きたい衝動にかられた時にパチンコに行くことを我慢出来るようになってくれば、パチンコを辞められる日も近いです。

それでも、パチンコがしたい、どうしてもしたいとソワソワしてしまう時はあります。
パチンコへの衝動がMAXになっている時です。

パチンコ 行きたい

この状態は非常に危険です。大抵はこのままパチンコに行ってしまいます。
しかし、衝動にかられたからといって、その都度パチンコに行ってしまってはパチンコを一生辞められません。

いつか、このパチンコ衝動に打ち勝つ必要があります。
ここでは私がパチンコをしたいとソワソワした時にやったことを紹介します。
この方法でかなりパチンコ衝動に打ち勝つことが出来ます。

これをやったらパチンコに行っても良いことにする。

まず、前提としてパチンコに行かない、行ってはダメだと自分を抑えることはしません。
この衝動が起こっている時点で行かないようにしよう!と考えても無駄だから、です。

なので、次に書いてあることをすればパチンコに行っても良いと考えるようにしました。
これによって、とりあえずパチンコに行くために次のことをしようと考えるようになります。

そして、それを行えば不思議とパチンコに行きたい衝動が消えているのです。

トリプトファンを多めに摂取

普段はトリプトファンを一日1錠、500mgだけ摂取していますが、パチンコ衝動が出た際にはトリプトファンを3錠、1500mg摂取するようにします。

そして同時にEAAも普段の倍、摂取します。
(普段は1回5グラム程度ですが、この時は10グラム~15グラム摂取。)

これによってセロトニンがより分泌しやすい状態にしておきます。
セロトニンによってパチンコへの衝動を抑える戦法です。

・ランニング(運動)をする

パチンコやめるのに運動

ここが一番のポイントです。運動によってパチンコ衝動を昇華させるのです。
この時のランニングは通常の倍、10キロ走るようにしています。

普段の運動はジョギングで良いのですが、この衝動を抑えるための運動はジョギングではダメです。
ランニングにして下さい。このランニングによってセロトニンが増えて、さらにドーパミンも出ます。

パチンコをしたい衝動はドーパミンを求めてのことなのでランニングでドーパミンを出すことによって、その衝動を抑えることが出来るのです。

これで大抵はパチンコへ行きたい衝動をかなり無くすことが出来ます。
パチンコに行きたくてウズウズしているのにランニングなんてやってられるか!と思いますね?
私も思いました。

けれども、パチンコをやることに対する後ろめたさ、やめたいという気持ちが大きかったので、しっかり走りきったら大手を振ってパチンコ屋に行けるぞ!これすら出来なければ本当のクズになってしまう!と思うようにしました。

そして、重い腰を上げて何とかランニングに出かける。帰ってくると、足ガクガクで汗ぐっしょりのヘトヘトです。
不思議なほど気分はスッキリしていてパチンコ衝動は無くなっています。

私はランニングをした後に我慢できなくてパチンコに行ってしまった、ということは一度もありません。
もう一度言いますがジョギングではダメです。ジョギングの場合、私はその後にパチンコ屋に行ってしまったことがあります。

大きく息を切らして汗を大量にかく、それくらいの運動であることが重要です。

ランニングが出来ない時

仕事中にパチンコ衝動が起こった場合には高確率で仕事帰りにパチンコ屋に行きたくなります。
この場合、スーツを着ていることが大半でしょうから、なかなかランニングは難しいでしょう。

少し高価な買い物をする

パチンコのかわりに買い物

ランニングや運動が状況的に無理な時には買い物をして下さい。
普段は買わないけれども、本当は買いたいと思っていたものをぱぱっと買って下さい。
ファッション関係や自分の趣味のものがお勧めです。

1万円~2万円くらいのもので十分です。
パチンコに使ってしまうであろうくらいのお金をショッピングに使うことがポイントです。

ショッピング、買い物にもドーパミンを分泌させる効果があります。
実際にお金を使ってしまったという事実、そしてドーパミンが分泌される効果により、パチンコへの衝動を無くすことが出来ます。

この方法はお金がかかりますし、ランニングよりも効果は劣ります。(私の感覚ですが。)
ですので、基本はランニング、どうしても無理な時は買い物と、うまく使い分けて下さい。

パチンコを辞める方法のまとめ

パチンコを辞めるためには

なぜパチンコを辞めたいのか、なぜ辞めたいのに行ってしまうのか、辞めたらどうなるかを手書きで書き出す。
そして、それを声に出して、自分に言い聞かせる。
パチンコに行ってしまった場合には、収支、その日打った機種の回転数、その機種のボーダー、パチンコに使った時間をメモして自分の立ち回りを確認する。

パチンコ衝動を抑えるには

パチンコ屋の前を通らない、中を覗かない
YOUTUBEのパチンコ動画は見ない
現金を持たないようにする
断酒する
運動をする
サプリメントを取る

パチンコ衝動が起こってしまった時は

トリプトファン(サプリメント)を多めに摂取
ジョギング(運動)を長めにする
運動が出来ない状況ならば少し高い買い物をする

私がパチンコを辞めることが出来た方法は以上になります。
正直、ギャンブル依存症はアルコール依存症や薬物依存症と同じだと思っています。

つまり、辞めることが出来たと思っても何かのキッカケでまたハマってしまう可能性がある、ということです。
私も気を抜かず、今後も一生パチンコとは無縁な生活が出来るように日々努力していこうと思います。

もしも、あなたもパチンコが無駄だ、パチンコを辞めたいと本気で思っているならば、今回の記事がパチンコをやめるキッカケになることを切に願います。

-ギャンブル

© 2020 オライズブログ